about

沖縄県で四代続く木造船大工、越來造船(ゴエクゾウセン)。
二代目は与那城町 指定無形文化財(マーラン船建造技術)保持者。
三代目はうるま市 指定無形文化財保持者(マーラン船建造技術)。

木造船を作る過程で出る端材は、品質は悪くないのに、木造船の部位を作るには大きさが足りない、適さないなどの理由で捨てられてしまいます。
それでは木がもったいないということで、これまでも身の回りの様々なものを、造船の過程で出た端材を使って作っていました。

しかし、身内だけで、多く出る端材を消費することはできません。
そこで、木造船、船大工の啓蒙も兼ねて、船の端材を使った雑貨屋さんを開くことにしました。

越來造船雑貨部で使っている木は、船大工自らが山に行って選んだ木です。
製材する過程にも立ち会い、防腐防虫剤未使用、身体に優しいナチュラルな木材となっています。
なので、子供が触ったり、間違えて口に入れても安心です。
ぜひ、一度、手にとってみてください。